2008年06月12日

中国語学習のポータルサイト

大方の中国人は観光客の拙い中国語でも熱心に耳を傾けてくれます。そして我々日本人はどうしてもコミュニケーションがとれなければ伝家の宝刀「筆談」という手があるのですが、一日中そんなことをしていると正直疲れてぐったりとしてしまいます。

せめて普通話(プートンファー)の基礎的な会話力だけでも身につけて旅行に出かければもっともっと中国が楽しめるのに・・と毎回痛感しながらも中国が好きなので数年の一度のペースで事前学習することなく遊びにいっております^^;

中国滞在をより楽しもうと思ったらやはりヒアリングを勉強していくのが一番大切だと思います。こちらから伝えるのはなんとかなるのですが早口で喋られる中国語はチンプンカンプンでどこの方言なのか、単語すら聞き取ることができません。おそらくあなたは中国で聴不憧(ティンプトン)・・日本語で「わからない」という意味・・を連発することになるでしょう。

語学学習を含めて留学やら観光、オンライン教室の中国情報のポータルサイトBitEx中国語では流行語や専門用語も検索することが可能で中国語の歌詞をピンイン(発音記号のようなもの)付きで3000曲以上収録していたりスカイプを使用してのオンライン中国語学習教室も開講しています。無料で楽しめるコンテンツも多数取り揃えているので見ているだけで中国に関するいろいろなことが学べます。

北京五輪がまもなくですから中国に関するいろいろな情報番組も流されるでしょうし、それまでに少しでも勉強しておけば北京オリンピックの番組もより楽しみながら視聴できると思いますよ。

私はオリンピック終了後の秋口以降に広州方面へ旅行予定です^^



| 語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

服務員。埋単。

強引に平仮名で読みを書くと「ふーゅえん。まいたん。」

中国に旅行に行って、一番よく耳に入ってくるのはもしかしたらこの言葉かもしれません。

「お姉(兄)さん、お会計お願い」という意味ですが、1日中食事しているかのような人達の住む国に行ってこの言葉を聞かなかったとなると「お前は一体どこの国へ旅行に行ったのだ?」と言われるのは必至です(笑)
中国語の聞き取りはサッパリの私でもこの言葉だけは覚えました。

スピードラーニング中国語の商品サンプルを聞いてまず最初に食事中の会話が流れてきた時は思わずニンマリしてしまいました。
実際に遭遇しそうな場面に即した会話で、中国語のあとにすぐ日本語訳も流してくれるので意味をとりながら音を覚えられるのは良いですね。




当然ですが何回も何回もリピートして聞くというのはこの教材とて同じだと思います。ただ、実際の場面を思い浮かべながら聞けるという意味では楽しく長続きしてやっていけるような気がしますね。


| 語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。