2008年12月02日

あの頃のように

野球一筋だった私を、スポーツサークルというかたちでバスケットボールに引き込んでくれたY君。

膝に持病を抱え、よく体育館で顔を歪めていたY君。

2年前に待望の第一子が誕生し、すっかりマイホームパパになってしまったY君。

膝の持病がなくても、既にバスケットボールができる体型ではなくなってしまったY君。

ナイキのバッシュが大好きで、バスケをしていないときもナイキしか履かなかったY君。

そんな彼に、今年のクリスマスプレゼントとしてNIKEiDでオリジナルのバスケットボールシューズをしつらえて贈るというのはどうだろうか?

再び彼がナイキのバッシュを履いてコートに立つかを賭けるのは分の悪い勝負だが、たとえバッシュが彼の部屋の飾り物になったとしても、それはそれで贈る価値があるのだと、そう思っている。

私をバスケットボールという魅力ある世界へ引き入れてくれた、たいそう遅くれたお礼のギフトカードを添えて・・

<

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック